TOPへ戻る  >  情報処理関連の資格

情報処理関連の資格

"私はプログラマーとして働いていますが数年前に情報処理関連の資格を取りました。
正確には第二種情報処理技術者という名前の資格ですが、現在では基本情報技術者という名前に変わっています。
主にIT関連のプログラマーを育成する目的で作られたもので情報処理系の資格としては結構歴史のある資格です。
私がこの資格を取るきっかけとなったのは、ステップアップを目指して転職活動をしていたとき、希望する会社の応募資格にこの資格を持っていることが条件の一つだったためです。
その当時、プログラマーとして働いて5年ほど経っていたのですが改めて勉強を始めてみると自分自身の意外と知らなかったり知識が足りないことが分かりました。
主に過去問を解いたり、分からなかったところは参考書を買って読んでみるといった感じで勉強しました。
当時はインターネットが今のように普及していなかったので比較するととても不便でした。
半年ほど勉強して試験に合格し、目標としていた会社にも転職出来たのでとても良かったです。

"

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.