TOPへ戻る  >  待遇の改善

待遇の改善

私も福祉の資格を持っていますが、一番思うのは、大変なわりには賃金が少なくまた、人で不足が慢性化していて休みが思うように取れない、勤務時間が多すぎる事だと思います。これは介護職だけでなく看護職にも言えることだと思います。普通のサラリーマン並みの給与に最低でもしないと、特に介護職の方は男性ならば家族を養っていけません。まずは、賃金のベースアップをはかることが必要だと思います。また、介護職・看護職に共通して言える事は、勤務時間が長いと言う事です。これでは、女性の場合、結婚や出産で長時間勤務が無理になった場合、とりあえず現場から離れる方が多い原因になっています。昔と違い高齢化社会が進むと必ず何回かお世話になる職業だからこそ、賃金アップと職場環境を整え、女性も男性も辞めずに済み、キャリアが積めるよう社会全体が考え直し早急にも対策を練らないと、自分たちが後々困る事になるのは目に見えています。3k職場からの脱却が真に必要だと思います。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.