TOPへ戻る  >  耳から情報を淹れて勉強

耳から情報を淹れて勉強

"私がここ何回かの試験を受けるにあたって
実際にやっている方法です。
それはICレコーダーに、教科書や参考書に書かれている重要な文章を自分で読み上げたものを録音するというもの。
録音の際に、音読することになるのでここでまず印象づけられてけっこう頭に入ります。
さらに録音したものは、暇さえあれば常に聞き流します。
繰り返し聞くことで、よりポイントを頭に入れることができるのです。
聞くときは周りの音を耳に入れないように、イヤホン、ヘッドホンを使うとより良いと思います。
自分でもしらないうちに、けっこうな量を暗記できるので、この方法は気に入っています。
他人に何を聞いているのかばれたらちょっと照れますが・・・そして録音しているところを家族にみられるのも恥ずかしいですが・・・
でも効果はあると思います。
皆さんにもぜひ試してほしいです。"

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.