TOPへ戻る  >  理学療法士とは?

理学療法士とは?

高齢者や病気やケガで身体の機能が、衰えたり損なわれたりして
正常に動かなくなった人が運動や物理療法を行い、機能の回復を
サポートするリハビリの専門家のことを理学療法士といいます。


身体機能の回復・改善を目的に医師の指示を受けて医療行為
リハビリを行います。検査や測定のデータを取り、データから
問題点や可能性をみて理学療法を行います。


医師の補助的な仕事で、回復、改善のための運動を指導
するだけでなく、集中治療室に入って、手術直後の患者を
診ることもあります。


リハビリに対して、知識がある医師が指示を出すだけに限らず
理学療法士が、患者を診て適切な治療法を選ぶこともあります。


ですから治療方針を決める会議にも参加します。
その為、理学療法だけでなく、医療について
幅広い知識と技術が必要です。


医療に携わるので、理学療法士資格を取得するまでの
勉強は難しく大変で、就職してからでも研修や新しい知識や
技術を学んでいかなくてはいけません。


患者が、身体を回復させて日常生活に復帰するまでは、サポート
しますので、医者より長い時間、接することになるでしょう。


身体機能の回復をサポートするのが仕事ですが
自立を促し支えることも重要な仕事ですね。

その他の管理サイト一覧

東京でも格安オフィス持てるバーチャルオフィスの詳細とは?


運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.