TOPへ戻る  >  理学療法士について

理学療法士について

理学療法士というのは、1965年(昭和40年)に国が
「理学療法士及び作業療法士法」によって、医療の専門職
として作業療法士と同時に制定されました。


それまでは、医療マッサージ師と呼ばれていて、国家資格では
なかったですね。


理学療法士も医療の他に、保健や福祉にも業務の範囲が
拡がってきています。


保健は、予防理学療法であったり医療なら産業、スポーツ、
臓器移植、糖尿病などの疾患も含まれます。


福祉では、介護保険制度にもとづいて、高齢者や障害者を
対象に理学療法など専門職としての活動が地域、在宅でありますね。


不便を少しでも軽減したい、道具を使ってでも動きたいと
思うのが自然なことですから


身体機能を回復させたり改善するために、医師の指示を受けて
治療をするのが、「理学療法」といいます。

国家資格を持った人が「理学療法士」と呼ばれています。


福祉の現場では、理学療法士と作業療法士が不足しています。

その他の管理サイト一覧

あなたの大切な人…不健康になってませんか?青汁で健康に!!!


運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.