TOPへ戻る  >  勤務形態

勤務形態

勤務形態は、働く場所によっても違いますが、
常勤か非常勤かで、待遇や勤務条件が変わります。


常勤は、毎日所定の時間職務について、休日は休みます。
非常勤は、時間はだいたい自分が入れる時間帯でできますが
給与面や福利厚生など待遇面がありませんね。


ほとんどの理学療法士が、常勤で働いています。
医療では特にそうですね。


社会福祉関係の施設だと、半々ぐらいでしょうか
場所により差が違います。


老人福祉施設や特別養護老人ホームだと、ほとんどが
非常勤になりますし、児童福祉では、逆に常勤がほとんどですね。


理学療法士としての経験を積んでいくためには、常勤で
就いたほうが、しっかりとできますし雇用環境も整っています。


非常勤でいても常勤と同じような働きをしないといけないので
損ですから常勤で働くことをお勧めします。


勤務先、施設、事業主によって、条件が違ってくるので
しっかり確認をしておきましょう。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.