TOPへ戻る  >  待遇

待遇

医療職である理学療法士の給与は、医療職の給与を決めるのに
医療職俸給表から準拠して出します。


経験年数、年齢などからも決めているのがほとんどですね。


医療職俸給表は、職務の種類「級」と「号」の組み合わせに
よって金額が決められています。


3種類から分けれていて、一医師や歯科医師、二、栄養士や
薬剤師、三、看護士や保健士や助産士になっていて
理学療法士は、二か三になります。


どの位置に準拠しているか確認しておいた方が、勤務年数が
経つにつれて変わってきますから調べておきましょう。


経験を積んだり能力を磨いたり、勤務年数を積むことで
昇給していきますが、勤務先によって違いがあります。


事業主や経営方針が、それぞれありますからよく確かめて
確認をとってから決めるようにした方がいいですね。


福利厚生には、いろいろな保険がありますが、事業主が
働く人に用意したサービスでもありますから
勤務先によって違いがあります。


福利厚生には、その他にも白衣の貸与、託児所、寮、食堂、
保健所なども含まれています。


理学療法士は、常に新しい技術や知識を持っていない
といけないので、講習会、研修会、学会と参加しますが


これらにかかる費用、交通費なども公費出張扱いで
してくれることも待遇のひとつですね。


こういう待遇があるだけでも働きやすさが違ってきますし、
技術の向上、人材育成に力を入れている所ともいえます。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.