TOPへ戻る  >  理学療法士の生活

理学療法士の生活

勤務時間が、9時〜5時と場合によって少しの残業と
比較的安定しているので、他の医療職よりは時間が、
取りやすいですね。


勉強の時間も取れますし、家の事や趣味などもできます。


ほとんどの人が、勉強に時間を使っていますね。
研修や講習会、学会などに参加して、勉強しています。


他には、体力がいる仕事でもありますから身体の健康の
ために、スポーツをしたりトレーニングをします。


勉強も自ら進んでしています。なぜなら熱心な人が多く
講習会や研究会に参加したり、情報交換をするなど
自己研磨が、プロとして必要だからです。


実務経験から他の資格を取る必要性が出てきたり、
養護学校の先生になるのに、教員免許や特殊教育教員免許の
資格を取るためであったりします。


非常勤で働いて、大学院に通い研究と臨床を同時に
やっている人もいますね。両立をして頑張っている人もいます。


職業がらボランティア活動をしている人もいます。
リハビリテーションの一環としてであったり


身体障害者スポーツ大会やパラリンピックの活動に
参加したりする人もみえますね。


誰でも安全に競技が出来るように配慮したり、またクラス分け
をしたりと理学療法士の協力が大きいですね。


そのため、身体障害者スポーツ指導講習会などにも参加しています。


今の時代パソコンを使うのは、当たり前になっていますから
仕事の管理や研究から、資料集めなどにも使いますし


インターネットやメールで情報を得たり、情報交換や
自作のホームページを作ったりしている人もいますね。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.