TOPへ戻る  >  憧れている人

憧れている人

理学療法士になりたいと思っている人で、まだ、学生で
あるなら理学療法士を意識せず勉強やクラブを楽しんで、
今のうちにいろんな経験をしておくといいでしょうね。


人と会う機会を作り、沢山の人と接することを心がけ
友達との交流も、自分大事にしていけば、自分磨きになります。


そうした経験はいつの日にか理学療法士になった時に役立つでしょう。
理学療法士にならなくても、これは役に立ちます。


少しでも理学療法士を体験したいと思うなら、進んで
ボランティア活動に参加したりするといいかもしれませんね。


進路を決める時になったら、養成校をどこにするか?選ぶのが
重要になってきます。

4年制大学か3年制の短大、専門学校にするか?


高校卒業と大学入学資格検定という重要なことをクリアしていないと
受験できないので、それまで、しっかり基礎学力を身につけましょう。


担任の先生や進路指導の先生に、相談してアドバイスを
もらったり、病院やどこかの施設に行く機会があれば、
理学療法士の人を捜して聞いてみるといいですね。


どうしたらいいのか、わかってくるかもしれません。。


自分で調べることが重要ですね。先生の方にも理学療法士に
ついての知識がないこともあるので


4年制の大学と短大、専門学校のどちらを選んだらいいのかは
難しいところですが

現役の理学療法士は、4年制の大学を進めていますね。


その方が、将来さらに、進みたい方向性が見つかったときに
選択肢を広げることもできますし、4年間で幅広く教養や
人間性を身につけたりすることができます。


学歴があると、給与面でも変わってくることが出てくるでしょう。


短大や専門学校を出れば、即戦力になるよう臨床実習や実技が
カリキュラムに組まれているので、すぐ働きたいと思っているなら
こちらもお勧めできます。


どちらにせよハードなことには、かわりはないので
勉強する環境と自分の将来という視点で選ぶことが大切ですね。


養護教諭など教員の道や研究の道に行きたいなら
教員養成の課程がある所や大学院のある所を
選んでおく必要がありますね。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.