TOPへ戻る  >  理学療法士に転職

理学療法士に転職

今、まったく理学療法士とは、関係のない仕事をしていて
理学療法士になりたいと思っている人が、理学療法士に
転職できるかというと

できますが、かなり大変ですし、覚悟と体力がいるでしょう
がなれないことはないということですね。


理学療法士養成学校で習っている人でも半分ぐらいは、他の
職業の経験をもっている人もいますね。


ただ、仕事と勉強の両立はかなり難しくハードでしょうね。
仕事もパートかアルバイトにしないとできない
のではないでしょうか


社会人のための特別入試枠もありますし、夜間の学校もありますが
全国で少なく、定員の数も少数ですから、難しいことには
変わりはありませんね。


医療機関で理学療法士の助手の仕事をしながら学校に通う
というのも一つの手段です。


年齢のことも考えないと、年齢制限がありますから注意が必要ですね。


社会人特別入試は、社会人を対象になっていて、学力、人格、職務経験
を考慮して、人材を育成するためにあります。


学校によって、年齢制限や一定の職業経験が必要という所もあります。
大学、短大、専門学校それぞれで違いがあるので、調べておきましょう。


秋ぐらいに願書を提出して、11月ぐらいに書類選考と試験があって
年内に結果が出るようになっています。


必要書類は、最終学歴の卒業証明書、成績証明書、健康診断書、
履歴書などがあり、必要に応じて勤務先の上司の推薦状がいる
場合もあります。


試験は、推薦入試や一般入試、小論文、面接などで
面接も個人かグループかは学校によって違いますね。

面接は、特に重要です。


看護師や保健士などの他の医療職の人は、別で入試があるようです。


作業療法士の資格を持っている人なら、修業年数が2年以上に
なっているので、4年制大学なら3年次で、短大や専門学校なら
2年次に編入することになるでしょうね。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.