TOPへ戻る  >  理学療法士の資質

理学療法士の資質

理学療法士は、直接人と接する仕事であり、相手は
事故や病気などで身体が動かなくなりショックを
受けているのですから


相手を思いやり、相手の気持ちになって考えて
あげれなければなりません。


相手が求めていることを理解し尊重して、自分がしてあげれる
ことは、何かを考えながら治療やリハビリをしていきます。


言葉や行動を理解して、共感してあげることも、
理学療法士の重要な役割ですね。


理学療法士の勉強以外にも、今までやってきたことや体験した
経験が役に立つことでしょう。


介護の経験があれば、尚更役立つでしょうね。


医療や介護に関係する仕事において、冷静に判断する
能力も必要不可欠になってきます。


理性と感受性のバランスを上手く維持しなければいけませんね。


状況が変わる職場ですし、ひとりとして同じ状況は
ないわけですから柔軟な思考をもって問題を解決して
いかないといけませんね。


もっと良くしていくための創意工夫であったり
理学療法士の仕事以外の部分でも得意なことを
生かしていく必要もあります。


研究熱心、新しい情報を取り入れたり、交換することで
常に自分を磨いていくことが、大切です。


後は、自身の体力、健康に気をつけなければ理学療法士の
仕事はできませんね。


理学療法士の仕事は、肉体労働ですから体力がいることですし、
健康管理が出来ないと、勤まりません。


ストレスに対しても、同じようなことがいえますね。


これは、理学療法士以外にもいえることですが
どんな仕事でも健康維持は不可欠です。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.