TOPへ戻る  >  なるための順序

なるための順序

理学療法士になるための養成学校があります。
4年制の大学、3年制の短大、3年ないし4年の専門学校があります。


専門学校は、厚生労働省や文部科学省の管轄になっています。
大学院にいけば、研究したり専門知識を身につけることができますね。


作業療法士の資格をもっていれば、養成校で2年以上勉強すると
国家試験を受験できます。


海外で養成校を卒業して、理学療法士の免許を取った人は
所定の手続きをした後、厚生労働大臣の認定を受けると
入学の必要はありませんね。


カリキュラムは、「理学療法士作業療法士学校養成所指定規則」改正により
各養成校で独自に設定されています。


自分が目指す理学療法士は、どういうものなのか?それに合った
カリキュラムや実習をしているところを選びましょう。

養成校によって、さまざまなカリキュラムが設定されているので、
細かいところまで調べることが大事ですね。

一番いい方法は、体験入学に行くことですね。
実際に、場所を見ておくことが、何よりわかると思います。


大学、短大、専門学校の違いは、特にないのですが
総合的に判断すると4年制の大学を出るようにしておくと
後々にはいいでしょうね。


理学療法士になっても学士号を取るために、勉強したり大学の
通信課程を受講している人がいるためでもあります。


専門学校では、臨床実習や実技に力を入れているので、即戦力として
現場で働けるようになれます。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.