TOPへ戻る  >  理学療法士の仕事

理学療法士の仕事

ほとんどの人が、病院で働くことになるでしょう。

他には、介護などのリハビリテーションもありますし
まだわずかですが、スポーツ選手のトレーナー、教員などで
活躍している理学療法士もいます。


医師や看護士とは、異なるので今のところ夜勤や当直は
ありませんね。緊急で入ることはあります。


そういう点では、自分の時間を取れたり、家庭のことや育児、
介護など家のことがあっても、やっていける職業ですね。


医師からの依頼を受けて、リハビリが必要となった患者を
検査や測定して、できることとできないことを調べた上で
これからの計画を立てます。


病状から生活のことや家族のことなど情報を集めて
どういった治療をしていくかを考えます。


車イスや器具、装具などの発注もします。


活動範囲は広く、機能回復を支えますが、患者自身が
自ら前向きな気持ちで、自立しようと思わなければ、
いくら理学療法士が手を尽くしても本当に意味で
回復には繋がらないと思います。


前向きな気持ちを引き出し、支えてモチベーションを維持させる
ことも重要な役割を担います。


理学療法士ひとりだけで、一人の患者を診るのではなく
作業療法士(OT)や言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と
いった他の職種の人たちと一緒に連携して仕事をすることが、多いでしょう

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.