TOPへ戻る  >  医療施設

医療施設

ほとんどの理学療法士が、医療施設、病院で働いています。

病院とは法律で「20人以上の患者を入院させるための施設、ベッド
がある所を病院といい、19以下を診療所」と定義されています。


理学療法士の大多数が、大病院といわれる100以上のベッドが
ある所で勤務していますね。


なぜなら、大きい病院なら多種多様な臨床経験を積めますし
沢山の疾患に対応するため知識や技術が身につき応用力がつくためです。


期間も急性期から回復期、維持期まで長期間診ることができます。


経験豊富な理学療法士がいるので、自分の技術なども
磨くことが出来ますね。


大きい病院だけに、沢山の経験が積めますが、緊急の患者が入ってきたり
した場合は、深夜、早朝に関係ない時間帯に仕事をすることがあります。


病院でも、リハビリ専門の病院もあります。
他の病院で手術や治療などを終えて、復帰を目指為にリハビリ専門医の
指示を受け運動療法、物理療法、日常生活動作(ADL)をします。


患者自身やその家族と話し合いながらのリハビリです。
こういった外来だけの所もあれば、通院できない人のために
訪問リハビリをやっている所もありますね。


別に治療をする病院以外にも長期間入院が必要な人で、
介護を重点的にする療養型の病院があります。


慢性疾患を持っている人で、早く回復させるのが目的でなく
今ある機能を維持させるためであったり、問題のない方を訓練して
生活できるようにしていきます。


リハビリ以外にも車イスや義肢、装具の注文や調整、使い方を
作業療法士と協力して行います。

また、住宅改造の相談にも応じたりします。


より専門性を追求する理学療法士は、単独で診療する病院で
働いていますね。特定の疾患を治療している所で、
臨床経験を積んでいくためです。


整形外科なら物理療法の技術が磨けますし、脳神経外科なら
急性期の治療に携わります。


ホスピスやガン専門の病院では、生活の質(QOL)をのための
緩和ケアをします。

その他の管理サイト一覧



運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.