TOPへ戻る  >  福祉関係

福祉関係

高齢社会がすぐそこまで来ているので、リハビリが必要に
なる人もこれから益々出てくるので、理学療法士の需要も
増えることでしょう。


少子高齢化や核家族化が原因で、社会変化が起き人の意識も変化
してきているので、生活で自立していくために必要な、
サービスを受けるのもごく自然になってきていますね。


少し前までは、そういったサービスを受けるのも抵抗がありました。


介護保険制度の施行によって、福祉サービスを選べるようになったので、
理学療法士が、アドバイスやコーディネートをする専門家として
働いています。


福祉関係でも医療関係でも基本的には、同じような
仕事をします。


利用者と福祉では呼びますし、医療では患者と呼びます。
福祉の分野ではリハビリをケアといいますが、
医療の分野ではキュア(治療)といいますね。


リハビリとは、機能の回復より機能の維持が多いいです
身体の障害だけでなく、家族も含めた生活全体を見ます。


福祉で働くと医療とは別に幅広く経験を積むことができます。
利用者の身になって、対応すると人間性を磨くことにもなりますね。


特別養護老人ホームは、入所施設であり65歳以上の心身に
障害があって、自宅での介護が困難で、常に介護が必要な
人が生活する施設ですね。


養護老人ホームは、身体的、精神的理由もそうですが、
家庭環境や経済理由で、自宅では養護が受けれない
高齢者のための施設ですね。


老人福祉センターでは、生涯、施設で暮らすわけではなく、
自分の家に戻って生活できるようにしていきます。


主に、健康増進、健康相談、機能回復の訓練をするなどのサービスが
受けれる場所であり、健康な高齢者が対象になっています。


ディサービスは、通う施設です。
自宅で家族から介護を受けていて、昼間だけ預かってもらう施設です。
食事や入浴、機能回復訓練などのサービスを受けれる所です。

その他の管理サイト一覧

★今月のおすすめオフィスといえば・・・青山の格安バーチャルオフィスhttp://www.1sbc.com/


運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.