TOPへ戻る  >  その他の分野

その他の分野

医療や福祉のほかに、保健の分野で活躍する理学療法士もいます。
最近では、スポーツリハビリとしての分野があります。


子供の予防接種、大人の健康診断、障害者の相談指導
などにも理学療法士がいます。


介護老人保健施設には、リハビリスタッフとして、ひとつの施設に
理学療法士と作業療法士のどちらかを、人数に応じて設置するように
決められていますね。


地域によって、在宅高齢者と家族を訪問して保健指導している
理学療法士がいます。


これは、介護保険のサービスとは別に訪問していますね。


保健分野でも福祉の分野と同じで、機能の回復ではなく機能の
維持を主に行っている場合が、ほとんどですね。


訪問保健指導は、介護のやり方をアドバイスしたり、日常の生活を
助けるためのアイデアを家族に提供します。


そうすることで、寝たきりを防いだり、病気や障害をみつけたり
適切に病院などを紹介したりといろんな役割もします。


また、家族の話を聞いたり、家族のケアにもあたることで
ストレスを軽減する役目も果たしたりしますね。


リハビリのことだけでなく健康づくりも担う仕事です。


個人をみる以外にも、講座や研修で、車イス、ベッド、入浴、
介護の仕方を教えるのも理学療法士は得意分野ですね。


スポーツ・リハビリ
スポーツに関係した場所でも、理学療法士はいます。

学校や職場の地域、スポーツクラブなどスポーツをする所では、
スポーツによる疲労や故障が、スポーツ障害として出てきます。


また、プロスポーツの世界では、ケガは選手生命にも関わりますし
結果にも大きく左右します。


そのため、早期回復やケガをしないように予防することが
何より重要になってきます。


プロスポーツでは、ドクターと一緒に理学療法士が置かれること
があります。選手の故障を防いで、長い時間現役をやって
いられるようします。


健康増進センターなど、スポーツ、保健の施設で利用に合わせた
適切なアドバイスをするのも理学療法士の活動です。


事故やケガを予防、治療するためや効果的なトレーニングの
研究や開発も理学療法士が求められます。

その他の管理サイト一覧

これから先は大阪のバーチャルオフィスで法人化することにしますわ


運営者情報

サイトMENU

Copyright (C) 2015 理学療法士の資格と仕事. All Rights Reserved.